マンドラビラ隕石 18.3g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 41 【再入荷】

【サイズ】約 縦30X横23X高8mm【重さ】約18.3g

【サイズ】
約 縦30X横23X高8mm
【重さ】
約18.3g
【種類】
鉄隕石 オクタヘドライト IAB
【発見地】
オーストラリア ヌラーボール平原
【発見年】
1911年
【歴史】
総質量は約24トンで、マンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊は、西オーストラリア博物館で保存されています。
2016年12月時点では、マンドラビラ隕石は非常に多くの種類があり、マンドラビラ隕石(鉄隕石)、マンドビラ隕石002-021(コンドライト)などがあります。
1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見し、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で、116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewingによって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。
1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowleが3つの小さな鉄の破片(94.1 g、45 g、38.8 g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。
1966年4月に、12.4トンと5.44トンの2つの非常に大きな鉄塊が、地質学者のR.B. WilsonとA.M.によってヌラーボール平原で発見されました。
隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では、世界で11番目に主質量が大きい隕石として識別されます。
また、2018年3月にはマンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
【鉄隕石】
鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。
【オクタヘドライト】
オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。


※写真にいくつか商品が掲載されていても、ペアやセットなどの記載がない限り1個での価格となります。
※サイズに多少の違いが出る場合がございます。
※照明の具合で実際とは色合いが異なる場合があります。
※天然石商品は、キズやへこみの他に内部に天然石特有のキズや不純物等があることを予めご了承下さい。
※粒売ビーズに関しましては、穴カケや凹みがある場合がございますので、あらかじめご了承下さい。
※「商品タイトル名の最後に数字や現品」等と記載されている商品以外はイメージ画像となり色、模様、形などが異なる場合がございますので、色合いや形をご指定いただけません。
特別価格unv43620 – ホワイトボードマーカーボード好評販売中, desktop